伊藤万桜 1stアルバム「Flessibile」フレッシービレ リリース

デビューアルバムが

アールアンフィニ・レーベルよりリリースされました!

“Flessibile フレッシービレ” リリース
【収録曲】
R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ
グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第3番
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
マスネ:タイスの瞑想曲 

vn伊藤万桜、pf山﨑早登美

「レコード芸術」1月号より抜粋
シュトラウスがたいへんな力演。大きなルバートやアウフタクトの溜めを用いて積極的な表情付けを施していく。歌謡的な箇所での拍をわずか遅れめに感じて歌い上げる弾きぶりは堂に入っており見事。全体の設計を見据えて巧みに加減してキビキビと音楽を進める感あり。グリーグもはっきりとしたポルタメントを含め個性的なヴァイオリンで、民族的旋律をリズムやアクセントをあえて協調せず、むしろクリーンに弾いているのが興味深い。小品でこの人の幅広く柔軟な表現力を示して上々と言える。(相場ひろ氏)

ヴァイオリンの音色の多様性を克明かつ自然にとらえた録音。弓の速さや圧力の変化を正確に描き分け、曲の特長が鮮明に浮かび上がる。低音域まで済んだ響きを確保しているため、音量が上がってもヴァイオリンの動きが曖昧にならない。CD再生でも音に硬さがなく、鮮度の高さが伝わる。(山之内正氏)

「ぶらあぼ」1月号より抜粋
どこまでも真摯で清純。派手さに走らず自然な美しさを追究した演奏で、ロマンティックな4曲に付いた手垢を洗い流す。筋の通った俊英の登場だ。(林昌英氏)


■ 各公演にてサインカード付きCD販売または郵送(送料無料)承ります! お問合せはContactより